MENU

 ショウマさんとメールを始めて10日ぐらい経ってから、思い切ってLINEでやりとりをすることにしました。
とっても態度が良かった男性だったから、この人だったらIDを教えても大丈夫って思うことが出来たのです。
出会い系サイトの中のメールよりも、ちょっと早い応対をすることができるし、早めに相手のことをしっかりと確認したい気持ちがありました。
セックスしたいと言う強い思いもありましたし、この人だったら初めての相手でも大丈夫だろうという気持ちがあったのです。
処女とのセックスに大変前向きな姿勢を見せてくれていましたし、年上の男性の落ち着きも感じていましたから、安心して関係を持てそうな気がしていました。
ショウマさんと通話を始めてみると、メールよりも相手の人柄がよく伝わってきて、判断の大きな材料になっていきました。
何度かLINEの通話をしていくうちに、わたしの心も決まっていたのです。
そして彼の誘いを受けることにしました。
初めてのセフレとセックスを経験する、その時がいよいよ決定したのです。

 

その当日は、怖い気持ちもありましたけれど、それ以上に期待している気持ちがありました。
ずっとエッチがしたいと思っていたわたしですから、素直に彼を受け入れてしまうだろうと思っていました。
待ち合わせ場所で初対面、会話を少ししただけですぐに彼にホテルに連れて行かれました。
ラブホテルだって外から見たことはあったけど、中に入るのは初体験です。
2人だけの部屋に入り、ソファーに座って行きました。
わたしの緊張をほぐすかのように楽しいお話をしてくれた後に、とっても熱いキスをはじめそして、わたしの身体を触りだしていきました。
男の人に身体を触られるなんて初めてで、あまりの気持ちよさにエッチな声が自然と出てしまうんです。
服の上から、そして次は服の中に手を入れて直接、いつしか脱がされていました。
下着も取られて全裸になってベッドの中で、彼の大きなオチンチンを握ったり、口にいれられたりしていったんです。
とてもエロチックなクンニをたっぷりして貰って、すっかりと愛液でトロトロになっていました。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
処女でも安心して利用できる優良サイト