MENU

 突然メールを出してくれた男性なんですけど、28歳の会社員の方でした。
ショウマさんと言う名前で、処女でセックスに興味を持っている私に対してとても強く惹かれるものがあったと、処女喪失のお手伝いをしてくれるとメールで書いてきてくれたのです。
プロフィールを書いてすぐにメールをくれた彼と、やりとりをはじめて行きました。
メールの交換自体は、自分自身も好きなので、友達やメル友作ってやりとりを楽しんでいました。
今回の様に、男女の関係としての出会いを前提としたメール交換は初めてだったことで、初めのうちは戸惑いとかもあったのですけれど、それでも大変に楽しい内容のメールを書いてきてくれたために、徐々にやりとりが待ち遠しいものとなっていったのです。
エッチなお話もしてくれたのですけれど、それ以外にもいろいろな話題を振ってくれました。
ショウマさんは現在恋人がいなくて、寂しい思いをしていると言うのです。
「社会人になると出会いが少ないから、前の彼女と別れてからしばらくお付き合いしてないんだ」
精神的にも肉体的にも欲求不満を抱えているようでした。
年上の男性と言うことで、何となく安心感を覚えていたのです。
態度も優しかったこと、無理矢理エッチな話をしなかったことも、わたしには凄く嬉しく感じたのです。
インターネットの世界で、男性は凄く積極的にエッチな会話をする人が多くいるので、怖くなってしまうこともあったのですが、彼はそのような態度が全くありませんでした。
わたしに安心感を与えてくれて、とても楽しいメールのやりとりをしてくれたのです。
実際に出会い系サイトを利用する前というのは、この様な形の男女の出会いは怖いイメージを持っていたのですけれど、それも相手次第なんだなって感じですね。
とっても上手にリードされているような感じで、少しも怖いという気持ちを持たずに、胸の弾むようなメール交換になっていきました。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
処女でも安心して利用できる優良サイト